2013年10月9日水曜日

細い線を拡張

朝一でDNA抽出にとりかかる。JRが普通に動いているので、午後からは通常授業になりますという情報を得て、時間割担当として、非常勤の先生にその旨を伝えるために電話をかける。

その後、PCRをセットして、実験室の掃除とか、昼食とかした後、電気泳動へ。6サンプル×5領域、全て綺麗なバンドが見えた。久しぶりの実験で疲れたので、精製は明日へ。

で、その後。昨日のコメント欄を観ると、Acrobatの機能のせいでは、、、と、、、えっ。

早速、ネット検索(巷ではgoogle先生というのかな)すると、色々と出てくる。

どうやら解決したようだ。

Acrobat Reader(Readerでなくても良いと思う)の「環境設定」を開き、


「分類」を「ページ表示」にして出てくるウインドウの


「レンダリング」の中に「細い線を拡張」という項目があり、初期設定では、そこにチェックが入っている。


このチェックを外すと、


こんな感じに見える。


ちなみに、チェックを外す前は、こんな感じ。


かなりの衝撃。あまちゃんが好きな人なら、確実に「じぇじぇじぇ」って言ったと思う(ウッチャンのコントでしか観てないけど)。昨日の苦労はなんだったんだ。

細い線は細いんだよ、、、そのまま映してくれよ、、、。大きなお世話だな。そういえば、勝手に大盛りにする食堂の店員も大きなお世話だと思う。

ただ、どのような印刷になるのか不明だけど、これを知らない人は、チェックしたままPDF版を観るんだよなキット。「線太いよ〜」とか思われないだろうか。

Acrobat9以上の機能らしく、Acrobat Professional8にはこの機能はなかった。


「にしな」さん、ありがと。

0 件のコメント:

コメントを投稿