2013年11月6日水曜日

キューガーデン

朝一で授業。

先日の標本整理で台湾からBurmoniscus meeuseiが2個体採れていることが分かった。この種は、イギリスのキューガーデンのビニールハウスで最初に見つかり、その後、ブラジル、ハワイ、台湾で見つかった。恐らく、熱帯域に広く生息する種で、熱帯植物をキューガーデンに移植する際に持ち込まれたと考えるのだ妥当だろう。

で、実は、この種に非常に良く似た種(B. kitadaitoensis)が、北大東島から発表されている。これも色々と疑問があるので、決着をつけようとすでにホロタイプのお絵描きは終わっているのだが、色々とあって投稿せずに放置されていた。

もう一息で投稿できそうなので、11種の学名問題の前に、まず、これを片付けよう。ということで、お絵描きの確認とか。


午後からは新しい卒業論文の相談。対象はヒト。新兵器を使うのだが、ま〜どうにかなりそう。

その後、学生と一緒に統計の勉強。

キットが届いたので、PCR産物の精製をして、シークエンスの準備。メールを見たら、色々と重要メールが届いたので、それについて考えたところで終了。

0 件のコメント:

コメントを投稿