2014年2月15日土曜日

困った

PCR産物の精製。これまではキットを使用していたが、薬品に代えてみる。しかし、試しのサンプルに、綺麗に増えるか分からないサンプルを使ってしまったため、失敗したときは原因が分からない、、、。

待ち時間にCOIと28Sのデータを眺めるが、かなり予想外の結果が出ていることに気づく。

タテジマコシビロダンゴムシは、かなりの数のシノニムを含むと考えており、それはほぼ間違いないのだが、どうやら形態的に非常似た未記載種も含まれているのだろう、ということが分かった。つまり、、、困った。

シークエンスサンプルの整理をしていたら、なぜか最も必要なサンプルが含まれていないことに今気づいた。ギリギリもう一回シークエンスをする予算はありそうだが微妙。さすがに自腹は嫌だな。

0 件のコメント:

コメントを投稿