2017年3月19日日曜日

落ち葉の下の小さな生き物ハンドブック

学会編集業務が終了。どうにか年度内に間に合った。

著者から頂いた。


落ち葉の下の小さな生き物ハンドブック

著者はプロの写真家なので、綺麗な写真で広範な土壌動物群が紹介されている。

紹介されているのは各動物群につき数種であるが、代表的な種が紹介されているので、まず、これを同定できるようにして、それ以外を専門の図鑑で調べるのが土壌動物同定の近道かも。

すでに刊行されている下記のハンドブック版という扱いのようで、こちらの方が(大型本なので)各動物群ごと記述が多い。こちらの本には私の名前も紹介されている。


落ち葉の下の生きものとそのなかま (ずかん)

ちなみに大型本の方は漢字に振り仮名が付られており、小学生でも読めるだろう。ただハンドブックは写真のウェイトが大きいので、漢字が読めなくても特には大きな問題はないが。

(著者にも連絡したが)ハンドブック版のP45で、白色のワラジムシ(Porcellio scaber)として紹介されている種は、P. scaberではない。

0 件のコメント:

コメントを投稿