2017年2月20日月曜日

報われそう

卒論とか修論とか、色々と終わって、少し研究のことを考える余裕ができた。

学会編集業務に取り組む。想像よりも時間がかかった。筆者に相談メールをして、午前中が終了。

久しぶりにPCR。特に根拠もなくReverseプライマーを色々と検討してダメだったサンプル、Forwardプライマーが届いたので試す、、、


問題はここだったのか、、、。

ここ数ヶ月の苦労が報われそう。

あとは論文を読みとか、少し原稿書いたりして終了。

2017年2月18日土曜日

Empty

一昨日は、最終の特急に乗り遅れる大失態。急遽、車で福岡へ。

スタッドレスの影響か燃費が悪く、山口県に入ったあたりでガソリンのEmptyランプが点滅。

次のSAが良くわからないので、高速でガス欠を避けるため一度、高速から降りるが、すでに深夜1時。携帯で24時間営業のガソリンスタンドを探し、ヒヤヒヤしながら給油。

2時過ぎに福岡に到着。

修論発表。実験がうまくいかず大きな変更があったため、まとめにくい内容だったけど、うまい流れで発表をしていた。


滞在約12時間、往復約14時間でした。

今日は、鳥取で卒論の審査。

2017年2月15日水曜日

横から

貯めてしまったデスクワークを処理する日々。

横から観たCubaris murina。


明日、鳥取で卒論発表を聞いてから福岡に移動。明後日は福岡で修論発表を聞く。

2017年2月14日火曜日

救出

デスクワークに没頭した一日。

途中、スカイプで修論発表を聞いた。あと、昼休みに雪に閉じ込められた車の救出作業もしたか。リアウインドウのワイパーが変な方向を向いてしまった。

明日から数日は気温が上がるようなので、これで雪が溶けるかな。

2017年2月12日日曜日

降り続く

雪が降り続く。

バスも電車もほとんど運休。道路も立ち往生や通行止めとか。山陽側に出ることすら難しい状況。

用事があったので徒歩で大学へ。

昨夜、大学に置いて帰った車はこんな感じ。


来週は掘り出すのは無理かも。

2017年2月10日金曜日

大雪警報

昨夜、県内全域に大雪警報が出た。

日中、少し青空が出たけど、ずっと降り続いている。


日曜日まで続くらしい。ということで、環境基本計画フォーラム 「宗像の自然環境を考える」、は欠席させてもらうことにした。

会議が1時間ほどあったが、昨年、共同利用施設に導入された特殊なSEMを使わせてもらったり、


結構、研究のことを考える時間が多い一日になった。

別件で調べ物をしていたら、すぐに発表した方が良さそうな標本があることに気づいた。。

2017年2月9日木曜日

植物をたくみに操る虫たち

つまらないデスクワークの一日。途中、会議にも参加した。

しかし、あまりにもつまらないので、報文用の写真撮影をする。綺麗に撮れないな。

某所で初めて見つかったCubaris murina。99.5%エタノール保管標本。


フィールドの生物学シリーズが色々と出版されていたのだが見落としていた。


植物をたくみに操る虫たち: 虫こぶ形成昆虫の魅力

植物の葉を見ていると、異形の構造物を見つけることがある。あれは、虫こぶとかゴールと呼ばれるもので、昆虫やダニの何らかの作用によって作り出されている。

虫こぶは幼虫の住処である。そこに住む幼虫は、餌に適した植物細胞を食べることができ、さらには、外部からの攻撃からも守られる。

筆者は、この虫こぶを作り出す昆虫の分類、生態、進化を研究している。

エゲノキを利用するオトシブミの発生時期と利用する葉の関係、シロダモを利用するタマバエの空間分布(樹冠部vs下枝)の地理的変異、ランやバラなどの栽培植物を利用するタマバエ、イネを利用するヨコバイなどなど、著者が携わった様々な研究が紹介されている。

各研究の目的、そして、その学術的な意義・興味が簡潔かつ明瞭に説明されているため、分野外の私でも研究結果を理解しやすかった。

元々は、高校時代に調べていたカゲロウで卒業研究をするつもりだったが、指導教員の湯川先生の助言で虫こぶを作る昆虫の研究をすることになったそうだ。テーマを与える、という、指導者としての力の重要性を考えさせられた。

2章を使って大学教員としての生活を綴っており、とても参考になった。とくに、明確なビジョンをもって研究室を運営されている姿勢を見て、ただ反省をしてしまった。

学振や台湾の公募で受けた理不尽な扱いを良い経験として進む姿勢は、社会を生きて行く上で大事な力だなと思った。

また、いくつかの訃報についても触れておられ、いつか私も同じような経験をするときが来るんだろうなと思うと、日々を大事に過ごさなければと、またまた反省した。

いつものことながらおススメの一冊。

もくじ
1.なんとなく生物部
2.運命のたより
3.未知への挑戦
4.虫こぶの世界へ
5.謎の生活史と種分化のメカニズム
6.植物をたくみに操る
7.新たな地平へ
8.虹色の研究室
9.ゴールからのスタート