2018年6月22日金曜日

断念

先月の学生実習で採集した標本整理で午前が終了。

午後、来週行く伊豆諸島調査の計画作成。学生と手分けして5島を周る予定。

修論論文化で、glm.nb()が収束しない、状況に陥り、改善策が分からず断念したところで終了。

2018年6月21日木曜日

ついで

授業の準備、卒論の相談で午前中が終了。

午後、授業の準備をしてから授業。先日、採集した昆虫からDNA抽出をする実習。思ったよりも時間がかかってしまった。

ついでに自分のサンプルもセットして終了。

2018年6月19日火曜日

疲れる

午前は、卒論手伝いで飼育用個体の採集。

大学に戻って、昨日、設置したトラップの回収。

その後、卒論用に文献読みをして終了。

文献を読んでいる最中、睡魔に襲われた。大した作業でもないのに、疲れるようになった。

2018年6月18日月曜日

CDCトラップ

研究室配属に関する説明会、授業の準備で午前中が終了。

午後、授業。CDCトラップを設置し、採れた昆虫でDNAバーコードをする、という内容。本当にできるだろうか、、、。


卒論指導をするための勉強のための文献読みのための文献集めをして終了。

2018年6月15日金曜日

林内よりもエッヂ

バタバタした一週間が終わる、、、明日で

とくに今日は二転、三転した一日だった。

修論論文化も地道に進めた。


土壌pH、リターpHともに、林内よりもエッヂの方が高い、、、勉強が必要だ。

2018年6月11日月曜日

性の進化史: いまヒトの染色体で何が起きているのか

飛行機は飛びそうだ。

たまたま見つけた本。


性の進化史: いまヒトの染色体で何が起きているのか

生命史における性の進化に関する書籍を期待したが、サブタイトルにあるようにヒトの性の進化、とくにY染色体の進化がメイン。

当初の期待とは違ったが、とても勉強になった。

ヒトの性は性染色体の組み合わせで決まり、X染色体を2つ持つとメス(XX型)、Y染色体とX染色体を持つとオス(XY型)になる。

中学生?でも習う内容であるが、このオスにおけるX染色体が1本しかない、という現実は、数多くの遺伝子疾患と関係している。

染色体数に関連するいくつかの症状についても記述があり、ヒトでもこのようなことがあるのかと驚かされた。

もちろん、タイトルにあるように、脊椎動物におけるY染色体の進化についての記述も多いが、やはり病気の記述に興味がいってしまった。

最後に、iPS細胞やゲノム編集技術にもふれ、これら染色体異常に伴う症状と再生医療について議論されている。

これら問題は、非常に難しい倫理的側面を含んでおり、あとがきに書かれているように「一般市民を巻き込んだ、自由かつ活発な社会的議論に成熟させていくことが望まれる」と思った。

この本を書くきっかけが、大学生の染色体における理解不足にあるように、普段、生物に親しんでいない人が、一気にこの本を読むのが難しいかも知れない。

しかし、最強の不妊治療のツールにもなり得る一方で、人工生命を作り出す可能性のある、生殖細胞へのゲノム編集の是非は、研究者だけで決定すべき問題ではないと思う。

一般の人がこの点について、自らの考えを持つためには、中学生でこの内容を扱わなければならないのか、、、。

2018年6月8日金曜日

台風

授業をしてから、昨日、頂いた標本の整理をして午前が終了。

午後、DNA抽出をしてから、修論論文化を進めて終了。

台風が来ているようだ、来週(出張)は飛行機は無事に飛ぶかな。