2016年5月11日水曜日

不在データ

学会発表の準備で終わった。

解析と作図は終わった。スライドにぽちぽち貼ってみたけど、目的が、、、。

仁科・石井(2015)を参考に行ったロジスティック回帰のROC曲線。ただし、不在データは擬似ではなく、実際のデータを使用。AUC=0.66とかなり精度が悪い。


同じデータをMaxentで試したところ、AUC=0.99だった。


よくよく考えると、納得できる気もする。不在データはあった方が良いのかなと思ったけど、どのように調査をしたのかに依存するようだ。このあたりの話をするか。

0 件のコメント:

コメントを投稿