2014年3月7日金曜日

Burmoniscus kitadaitoensis

生態学会用ポスターの解析。

昼頃、ヒノキ林で採集したアリの種同定依頼のため九州大学へ。


申し訳ないと思いつつ、自分ではどうしようもないので、かなりの量の標本をお願いしてしまった。

大学に戻ってポスター作成の続き。とりあえず完成。来週、見直して印刷へ。結論は中途半端。こんなの始めました、みたいな感じかな。


公開待ちだった北大東島の論文が、本日、公開されました

1種のシノニムの論文とは言え、やはり論文が公開になるのは嬉しいもので、、、。

これまで北大東島の固有種と考えられていたBurmoniscus kitadaitoensisが、実は広域分布種のB. meeuseiだったという内容です。

0 件のコメント:

コメントを投稿